革命に飲み込まれた王妃 マリー・アントワネット

マリー・アントワネット

マリー・アントワネット・ジョゼファ・ジャンヌ・ド・ロレーヌ・ドートリッシュ(Marie Antoinette Josepha Jeanne de Lorraine d’Autriche)。フランス革命で悲劇的な最期を遂げた、歴史的なヒロインです。

結婚前のドイツ名はマリー・アントニア・ヨーゼファ・ヨハンナ・フォン・ハブスブルグ=ロードリンゲン(Maria Antonia Josepha johanna von Habusbrug-Lothringen)と言います。幸せな幼少期とは違い、ルイ16世の王妃となってからは、波乱に満ちた生涯を送ることになります。何故捕らえられ、断頭台に登ることになったのか、多くの誤解もありましたが、最期まで凛とした態度を崩さなかったマリー・アントワネット。彼女の生涯を振り返りながら、これまで語られていた歴史が本当のことだったのか、検証します。

悲劇への道

マリー・アントワネットオーストリアのウィーンで、皇帝の娘として生を受け、マリア・アントニア・ヨゼファ・ヨハナという洗礼名を受けたその子供こそ、後のフランス王妃となる、マリー・アントワネットです。
自分の生まれた家柄ために、歴史に翻弄されることになる人生の幕開けでもありました。その生涯を振り返ってみましょう。

ページの先頭へ

マリー・アントワネットの家族

家族誰にでも、愛する家族があります。悲劇の王妃、マリー・アントワネットにとっても、大切な家族がありました。自由気ままに過ごしていた頃もありましたが、子供ができると人が変わったように、家族愛に目覚めるのです。
最期を目前にして手紙をしたためたのは、夫であるルイ16世の妹、自分にとっては義妹になるエリザベートでした。それほど信頼を寄せていたのでしょう。

ページの先頭へ

王妃の周囲の人々

フェルセン伯爵王妃の周りには、いつも様々な人がいました。しかし、王妃はお気に入りの人しか寄せ付けなくなります。信頼を寄せられてそばにいた者、言葉巧みに取り入って取り巻きの1人になった者、フランス革命のきっかけを作った者、密かに愛し合っていた恋人などがおりました。波乱に満ちた王妃の生涯の中で、これら周囲の人々は、どのような関わりを持っていたのでしょうか。

ページの先頭へ

回想

ブリオッシュ大まかなことは歴史の勉強で少し触れたくらいではないでしょうか。有名なマリー・アントワネットの言葉、『パンがなければお菓子を食べればいいのに』という言葉は本当にあったのでしょうか。マリー・アントワネットに関する、エピソードを振り返り、彼女の人柄に触れてみましょう。

ページの先頭へ